久我山駅からたがみ小児科までの地図

京王井の頭線「久我山駅」南口 徒歩2分
詳しい交通案内についてはこちらから

順番予約システム

QRコード

携帯からはQRコードまたは下記↓URLよりご利用いただけます。

順番予約システムはこちら



ワクチンデビューは、生後2か月の誕生日

アレルギー性鼻炎(スギ花粉・ダニ)に対する舌下免疫療法

スギ花粉やダニによるアレルギー性鼻炎の患者さんが多く通院されています。

これまでのアレルギー性鼻炎の治療は、スギ花粉やダニ(アレルゲン)への接触を少なくする環境整備のほか、抗アレルギー作用を持つ薬剤の内服と点鼻薬の使用(対症療法)が中心でした。

それに対して、より根治が期待できる治療法に、アレルゲンを少量ずつ長期間投与して身体を慣れさせて、アレルギー反応を起こしにくい体質に変えるアレルゲン免疫療法(減感作療法)があります。

しかし、アレルゲンの投与法が皮下注射であったため、何度も注射の痛みに耐えなければならず、あまり普及しませんでした。

ところが近年、スギ花粉やダニによるアレルギー性鼻炎に対して、舌下免疫療法(注射ではなく経口投与)が保険適用されました。

アレルゲン抽出エキスを錠剤にして舌下に投与(舌の裏側に1〜2分保持してその後飲みこむ)するため、自宅で実施でき、副作用の可能性がより少ないことが特徴です。

5歳以上で血液検査などで診断が確定している方が対象です。治療開始から半年?1年で効果が見られ、7〜8割の方に長期にわたる治療効果が認められます。

少量のアレルゲンを直接経口投与する方法ですので、最初はクリニック内で投与して強い反応が出ないかどうか確認して、数回に分けて徐々に抽出エキスの量を増加させ、1ヶ月毎に受診していただき、3〜5年毎日服用を継続します。

スギ花粉症の場合、スギ花粉の飛散期(1〜5月)に治療を開始することはできませんが、ダニアレルギーはいつでも治療開始できます。

当院はアレルゲン免疫療法の登録医療施設です。アレルギー性鼻炎でお困りの方は、どうぞご相談ください。